原発を知る

チェルノブイリ原子力発電所事故

チェルノブイリ原子力発電所事故

(チェルノブイリ原子力発電所 )


1986年4月26日、当時のソビエト連邦(現在のウクライナ)のチェルノブイリ原子力発電所で発生した深刻な原発事故。この事故は国際原子力事象評価尺度(INES)のレベル7に分類されました。

 

1986年4月26日、この原子炉は定期点のため停止させる予定でしたが、この機会を利用しての電力供給の試験運転中でした。
原子炉の出力が予定より低下するなどの異常事態が発生し、原子炉の運転は不安定になっていましたが、作業員は運転規則違反を重ねながら試験を続行。

 

その作業とソ連が独自に設計開発した原子炉の設計上の問題(冷却水の温度が上昇し、沸騰による気泡が生じるほど、核分裂を促進する反応度が増加する)が重なり、原子炉の出力が短時間で異常に上昇し、核暴走が発生しました。実験中に制御不能に陥った原子炉は、炉心が融解、爆発し建物の一部が吹き飛びました。

 

さらに減速材の黒鉛による火災が発生したことで、放射性物質は上空高く舞い上がり、汚染が広範囲に広がったのです。

 

この事故では、原子炉の運転員や消火活動をした消防士のうち33名が大量の放射線を浴びたため数ヶ月のうちに亡くなったとソ連政府は発表しましたが、実際は現場にいた作業員などの多くが急性放射線障害によって死亡しています。(※1)

 

チェルノブイリ原子力発電所事故

また、汚染された地域はウクライナ、ベラルーシ、ロシアの計10万km2近くに及び、半径30km圏内の約11万6,000人が強制避難させられ、多くの村が廃墟となりました。ヨーロッパ各地でも食物が汚染されました。

 

2006年、世界保健機構(WHO)はチェルノブイリ原発事故による死者は9,000人と発表しました。
(事故後放棄された村  出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

(※1)ソ連政府の発表による死者数は、運転員・消防士合わせて33名だが、事故の処理にあたった予備兵・軍人、トンネルの掘削を行った炭鉱労働者に多数の死者が確認されている。(出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)