発電と原子力

電力自由化とは?

電力自由化とは、電力事業の市場参入規制を緩和し、市場競争を導入することで電気料金の引き下げや電気事業における資源配分の効率化を進める事を目的として始められた国の取り組みです。

 

今まで一般家庭に対しての電気は、各地域の電力会社(東京電力、関西電力等)だけが販売しており、家庭や商店では電気をどの会社から買うか自由に選ぶことはできませんでした。

 

各地域の電力会社の供給区域

 

それが、2016年4月より電力の小売販売競争が自由になり、地域の電気事業者以外の企業が電力の小売市場へ参入できるようになり、各家庭や商店も、電力会社や料金メニューを自由に選択できるようになりました。
ライフスタイルや価値観に合わせ、電気の売り手やサービスを自由に選べるようになったのです。

 

具体的には、今までの電力会社以外でも、(ソフトバンクでんきやENEOSでんきなどから電力購入が可能になったという事です。
今までになかった価格競争なども期待されています。